健康と美容に効果的な方法|美容注射でシワ消し効果|様々な美容治療と最新技術

美容注射でシワ消し効果|様々な美容治療と最新技術

女の人

健康と美容に効果的な方法

看護師

治療用の薬としての注意点

プラセンタとは「胎盤」の意味です。胎盤には胎児の発育のために必要な栄養素であるアミノ酸・タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル・核酸・酵素・ヒアルロン酸などが豊富に含まれており、そこから抽出した成分が医薬品として使われています。主に更年期障害や乳汁分泌不全や慢性肝炎などに使われ、美容目的でもプラセンタ注射として使われ、肌の新陳代謝を高めてシミやシワを目立たなくし、肌のハリを取り戻したり、肩こりや冷え性など疲労回復や、アトピーなどのアレルギー改善効果があると言われています。ただし、人によってはプラセンタ注射で副作用を起こす場合が稀にあります。主に注射部位の発赤・疼痛や、悪寒、悪心、発熱などがあります。また、これによるアレルギー反応を示す方もいます。ちなみに、美容目的でのプラセンタ注射は、日本では保険診療として認可されておらず、自費治療となります。

持続期間が伸びる

プラセンタ注射は1回だけでは2〜3日程度しか持続効果が出ません。継続して受けることで、人間が本来持つ自然治癒力を徐々に高めていき、少しずつ効果を実感できるようになります。効果の現れ方には個人差がありますが、プラセンタ注射を続けていくことにより、成分の持続期間が徐々に伸びていきます。リウマチや更年期障害の改善目的でのプラセンタ注射を行うときは、最初のうちは1週間にアンプル3本分の頻度で受けるのが効果的と言われています。症状が改善されてきてからは1〜2週間に1回程度の頻度で行えば十分となっていきます。この目的での治療なら、医療機関によっては保険が適用されます。美容のためなら、1週間に2〜3回の頻度で受けると良いです。ちなみに、プラセンタ注射は男性にもほぼ同じ効果があり、特に髪の毛の発毛促進効果があります。これは女性にも有効的です。